もともとは目の病気?

性病の1つであるクラミジア。
この病気の原因菌はクラミジアトラコマチスというウィルスで、結膜炎やトラコーマといった病菌の原因菌として有名であり、性病よりも目の病気として知られていました。
時代の流れとともに、特に日本は水がきれいなので、自然とトラコーマなどは減っていきましたが、男女の性器には未だに住み着いており、現在では性感染率が1位の病気となっている。
あくまで推定人数だが、感染者は100万人を超えるとも言われ、特に若い女性の感染が多く見受けられます。
理由は、セックスを初めてする年齢の低下やセックスが多様化されていることに原因があるのではないかと指摘されています。
この病気に感染していると他の性病の感染率も高くなりますので、不安な人は病院やクリニックに一度相談にいってください。
症状は男女ともに同じですが、女性は男性と違い、自覚症状が少なく発見が遅れるケースがあります。
症状としては、おりものの増加や不正出血などが挙げられるが、これは生理前やホルモンバランスの崩れ、体調不良の場合にもなるので、感染に気づきにくくなります。
逆に男性の自覚症状は、尿道に痒みや痛みを感じたり、膿のようなもが出てくるので、素早く気づくことができます。
治療期間は2週間ほどとなっていて、抗ウィルス薬を使用します。
きちんと治すためには病院に行く事が必要ですが、どうしても病院処方の場合、診察料や薬代金、時間や労力がかかります。
理由があって病院に行けない人には、個人でも購入できる治療薬クラビットをおすすめします。
クラビットとは、感染原因である細菌を殺菌してくれる作用があり、同時に菌の増殖を防ぐ作用もあります。
1日1回の服用で効果的に治療ができるので、治療する方の負担も少なくなっています。
副作用も少なく、下痢などがあげられます。
病院に行くと、ジスロマックという薬が処方してもらえるはずです。
この薬は、たった1回の服用で効果が7日間も続き、その間に完治する確立は90パーセントを超えています。
長い時間をかけなくても簡単に治療ができるジスロマックは非常に優秀な治療薬となっています。
どちらの薬も効果は高いので、ご自身の状況で、個人輸入するのか病院処方するのか決めてみてください。
他人に感染させる前に効果的な治療をしていきましょう。



Copyright © 2015 強力なジスロマックと安価なクラビット|クラミジアにはどっち? All Rights Reserved.

>