クラミジアの感染率はどれくら?治療法はあるの?

クラミジアの感染率をご存知でしょうか?
相手側が感染してる場合、およそ80%の確率で感染すると言われています。
もちろんコンドームなど、予防している場合は別となります。
感染経路ですが、性器と性器同士だけでは無く、喉頭と、性器、喉頭と喉頭でも感染します。
いわゆる、オーラルセックスでも感染してしまいます。
口だけのサービスのお店でも感染するということですね。
そして患者数ですが、日本で一番多い性感染症です。
日本国内では100万人に近い数の方が感染してるとされています。
なぜ、ここまでの人数が感染しているのかといいますと、先ほどの感染率もそうですが、感染しても気付かない方がほとんどだからです。
自覚症状が乏しいので、感染してもわからないのです。
若い世代に多く感染しており、高校生で性交渉したことある人を対象に調査したところ、約1割の人が感染していました。
病院で検査するのが一番なのですが、中々行きづらいと思います。
そんな時は検査キッドなどもあります。
送られた検査キッドで検査して、送り返して診断してもらうものです。
これなら周りにも気付かれないので病院へはちょっと、という方にお勧めです。
治療法ですが、抗菌薬などを服用します。
代表的な薬でジスロマックがあります。
この薬ですが、マイコプラズマ肺炎や、他の感染症などにも使用されており、妊婦や幼児などにも処方される比較的安全性の高い薬です。
1回服用して、効果が1週間続きますので、薬の飲み忘れなどの不安もありません。
そして1週間後90%の確率で感染症が治ります。
この治療薬ですが、感染予防のために風俗に行く前に服用してるという方もいらっしゃいます。
クラミジアですが症状が出にくく自覚症状があまりないのですが、放置してしまいますと、HIVの感染率が5倍ともなってしまい、取り返しのつかないことになります。
女性のばあいですと、妊娠しにくくなったり、出産時自然分娩ですと生まれてきた子に感染させてしまう恐れがあります。
症状が出ないからと放置してしまいますと怖い目にあいますので、必ずもしかして?と感じたら検査しましょう。
もちろん自分が感染してる場合はパートナーも感染してると思ったほうが良いでしょう。



Copyright © 2015 強力なジスロマックと安価なクラビット|クラミジアにはどっち? All Rights Reserved.

>